異性愛の男性には一度はセックスをする

スポーツ選手性欲は食欲と同じく、人間にとって基本的な欲求である。だから誰でも、回数の違いこそあれ、一生の間に何回かセックスをするものだ。

 

男性の中には、多くの女性たちとセックスする人もいるし、一人だけの女性とセックスをする人もいます。

 

一度もセックスしない人はいない?それとも、童貞のまま一生を終える男性がいるのだろうか?

 

それは、確実にいます。多方面に活躍したのに一度もセックスをしなかった男性はいます。

 

 

 

例えばイギリスの数学者・物理学者であったアイザック・ニュートンがそうです。

 

彼は万有引力の法則で有名です。1727年に85歳で亡くなるまで、一回もセックスをしませんでした。それが原因で慢性的ニア不眠症なのか、慢性的に不眠症が原因で性欲に異常が出たのかはわかっていません。

 

 

 

またドイツの哲学者のカントも一生童貞でした。彼の場合は性欲そのものも重大だったかどうかさえはっきりしません。
彼は一生のうちに二度ほど結婚を考えましたが、踏ん切りがつかず煮え切らなかったために女性が他の男性と結婚をしてしまいました。

 

 

 

その他には童話作家のアンデルセンもそうです。性欲は感じていたようですが、実際には一度も女性とセックスをしたことがありませんでした。いとど売春宿を訪れたそうですが、そこに行ってさえも、売春婦と会話を交わしただけでした、女性とのセックスを吐き気を感じたそうです。

 

なので自分自身でオナニーをしていたようですが、そのオナニーにはいつも罪悪感が付きまとっていたようです。